薄毛になったらいっそ坊主!

薄毛に悩んでいるという男性も多くいます。このようなタイプの方の中には、何とかして薄毛を隠そうとする人が多くなっていますが、人は何かを隠すとそれを見破ろうとする習性があります。そのため、薄毛の人が頑張って薄毛を隠しても、薄毛であることがばれてしまうことが多くなります。ならば逆の発想をしてみてはどうでしょうか?

逆の発想というのは何かというと、薄毛を隠すのではなく、いっそ坊主頭にして薄毛であることが分からないようにしてしまうというものです。坊主にしてしまえば、薄毛かどうかなど判断しにくくなります。さすがに坊主にするのはちょっと。という事であれば、髪を伸ばして隠そうとするのではなく、髪をさっぱりと短く切りそろえた方が、かえって薄毛が目立ちにくくなります。

隠すといい方法から分かりにくい髪型に代えてく方が、自分自身も自信を持つことが出来るようになります。ヘアサロンなどに行くと、どのような髪型にすれば薄毛が目立ちにくくなるのかということの相談にも乗ってもらうことが出来ます。恥ずかしいという思いを一度捨てて、ぜひ薄毛を隠すから、薄毛が目立ちにくくなる髪型へと変化させることにチャレンジしてみてください。